RSウイルスワクチン(アブリスボ®筋注用)について|東京都江東区豊洲・勝どき・有明の産婦人科 出生前検査

江東区豊洲駅の産科・婦人科・出生前検査 豊洲レディースクリニック

江東区豊洲駅の産科・婦人科・出生前検査 豊洲レディースクリニック

江東区豊洲駅の産科・婦人科・出生前検査 豊洲レディースクリニックの電話番号

東京メトロ有楽町線、ゆりかもめ「豊洲駅」徒歩1分

江東区豊洲駅の産科・婦人科・出生前検査 豊洲レディースクリニックの電話番号

よくある質問

江東区豊洲駅の産科・婦人科・出生前検査 豊洲レディースクリニックはネットからの順番受付が可能です

江東区豊洲駅の産科・婦人科・出生前検査 豊洲レディースクリニックはネットからの初診問診の入力が可能です

江東区豊洲駅の産科・婦人科・出生前検査 豊洲レディースクリニックはネットからの再診問診の入力が可能です

RSウイルスワクチン(アブリスボ®筋注用)について

2024年5月31日より、日本全国でRSウイルスに対する母子免疫ワクチン「アブリスボ®筋注用」が発売されます。

当クリニックでは2024年6月10日から接種が可能です。

以下に詳細をご案内いたします。

RSウイルスとは?

RSウイルス(Respiratory Syncytial Virus)は、乳幼児の呼吸器感染症の主要な原因となるウイルスです。

感染すると、4~5日の潜伏期間(症状が出るまでの期間)の後に以下のような症状が見られます。

  • 発熱
  • 鼻水

約70%の乳幼児は、これらの症状が数日間続いた後、回復に向かいます。

しかし、約30%の乳幼児、特に生後6カ月未満の赤ちゃんでは重症化しやすく、基礎疾患の有無にかかわらず注意が必要です。

重症化すると、以下のような合併症を引き起こす可能性があります。

  • 強い咳
  • ゼーゼー、ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)
  • 呼吸困難
  • ミルクの飲みが悪くなる

最悪の場合、集中治療や人工呼吸管理が必要となり、命に関わることもあります。

RSウイルスの感染率と予防の重要性

RSウイルスは非常に一般的なウイルスで、生後1歳までに50%以上の乳幼児が感染し、2歳までにはほぼ100%が初感染します。

生後1~2カ月の時点でのRSウイルス感染による入院発生率がピークとなるため、生後早期からの予防が重要です。

成人のRSウイルス感染は風邪程度で済むことが多いですが、6カ月未満の赤ちゃんでは重症化しやすく、肺炎や無呼吸、急性脳症などを引き起こします。

年間12万から14万の2歳未満の乳幼児がRSウイルス感染症と診断され、そのうち3万人が入院を要しています。

アブリスボ®筋注用とは?

「アブリスボ®筋注用」は、妊婦さんに接種することで母体のRSウイルスに対する抗体を増やし、その抗体が胎盤を通して胎児に移行することで、生まれた赤ちゃんがRSウイルス感染症に対して予防効果を得られる母子免疫ワクチンです。

対象

妊娠24~36週の妊婦が対象となります。

  • 28週から36週の接種が特に有効です。
  • 接種後14日以内に出産した場合、抗体の胎児への移行が十分でない可能性があります。

接種回数

1回

効果

  • 発症予防効果:約50%
  • 重症化予防効果:約80%
  • 効果持続期間:生後6カ月まで

価格

35,000円(税込)

※別途、自費初診料3,300円(税込)もしくは自費再診料1,650円(税込)がかかります。
当クリニックのかかりつけの妊婦さんは、別途再診料がかからないため、妊婦健診の際の接種を推奨しております。

接種の予約について

当クリニックで「アブリスボ®筋注用」の接種を希望される方は、お電話(03-5534-9700)にてご予約ください。

当クリニックのかかりつけの妊婦さんだけでなく、当クリニックにおかかりでない妊婦さんも接種可能です。

RSウイルス感染症は、特に乳幼児にとって重大な健康リスクをもたらします。

「アブリスボ®筋注用」により、新生児や乳児の健康を守るお手伝いをしたいと考えています。

妊娠中の皆様は、この機会にぜひ接種をご検討ください。詳細やご不明な点がありましたら、当クリニックまでお気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る